TOP

一日一回の食事だけで三回風俗を利用したときの極限の体験談をご紹介します。

店長が私をお客さんとみなして実演してくれました。

貧乏丸出しの私は、精根尽き果てて泣きながら高収入風俗求人サイトからお店に電話しました。まさかの面接から採用まだがとんとん拍子で進んでいき、そこから研修ということになって今は店長と素っ裸でバスルームにいるんですが・・・。『こうやって、自分のの体に石けんを付けて、それで密着して洗ってあげるんだよ…自分がタオルになった気持ちになって洗うことが大事だから』そう言いながら、店長の胸部と私の背中が何度も擦れ合います。『…はっ、ハイっ。わっかりましたぁ』『密着する事で、男の人って興奮するから。だから、出来るだけ離れずに、いっぱいいっぱい密着してあげて、サービスしてあげることが肝心だから』後ろから腕が伸びてきて、私の前身が洗われていきます。緊張する暇もないほど、サクサクと、肩からおっぱい、お腹にかけても洗われるんですよ。そのぬるぬる具合に、若干変な気持ちになった事は、秘密のアッコちゃんです。「自分の体を使って、お客さんを洗ってあげる」という研修中・・。やり方がイマイチよく分からなかった私に、店長が、私をお客さんとみなして実演してくれました。


お客さん目線が良いですよ

何回でも自分はちゃんと接客をしたいので抜いてあげます。オナクラで働くとわかるんですが、普通は一回抜いたら終わりなんですが、高収入な分その辺は恩返ししないといけないと考えており、その辺は積極的に攻めています。いやらしい人はどこでもいますので彼らをとにかく私に夢中にすればたくさんお金が入ってくるんですよ。その辺風俗業界は分かりやすくて良いですよね。求人にはちゃんとした働く内容が書かれていますし、本当にガンガンお金を手に入れたい人は指名が入るようにとことん仕事を入れるのが一番だと思います。ただ働きすぎて身体を壊さないようにしないといけないですし、私の場合はとにかく楽しく働きたいのでその辺のバランスは上手くいくように気をつけています。一通り楽しんでもらうようにするためにはこうしたほうが良いとか自分で考えて色々としていますが、その甲斐があって今では基本的にお店の本指名はナンバーワンを半年以上キープ出来ています。

基本的にはお客さんの希望に沿うのが基本方針です

お客さんの待つホテルの一室に入ったら、もう一人女の子がいたんです。他の風俗からよんだ女の子なのかな?と最初は思ったのですが、どうやらそうではないらしく、事情を聞いてみると、何とその女性は奥さんだというのです。私の頭は軽くパニックになってしまいましたよ。だって夫婦で泊っているホテルに風俗嬢の私ってこれから修羅場でも起きてしまうんじゃないかって考えてしまいまいたから。お客さんがデリ嬢呼んだのをかぎつけて奥さんが乗り込んできたのかも・・なんてことも思いました。びっくりした私をみて、夫婦は事情を詳しく説明してくれたのです。なんとその夫婦は風俗嬢の私に夫婦の営みをじっくりと観賞してほしいというのですよ。こちらとしては料金さえ支払ってもらえればいいですし、なにしろ高級店で高い料金もらってますからね。それにチップがすごそうな気がしたのも事実です。高収入風俗求人情報サイトを通して風俗店に採用された私がなにか嫌なことをさせられるということでなければ基本的にはお客さんの希望に沿うのが基本方針ですから。引き受けることにしたのです。

月別アーカイブ

フリースペース